アジアの知財取引ハブ化に光:米機関が有力視、TDCも動く

香港がアジアの知的財産権取引センターになる可能性が浮上してきた。米シカゴの知的財産権取引所(IPXI)は、年内に欧州およびアジアの各1都市と提携してグローバル知財取引網を構築する計画で、アジアでは香港が極めて有力となっているもよう。香港貿易発展局(HKTDC)…

関連国・地域: 香港シンガポール日本米国欧州
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港との隔離なし往来再開、7月に判断(22:24)

ワクチン年齢12歳に引き下げ 対象682万人に拡大、校内接種も(06/11)

新たに2人感染、域内はゼロ=計1万1874人(06/11)

壱電視のカメラマン死亡、コロナ感染(06/11)

ペニンシュラ、従業員にワクチン接種強要か(06/11)

ゲンティンのクルーズ船到着、抽選会を実施(06/11)

7日続落、一部主力銘柄に売り=香港株式(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン