【台湾素描】 旧日本軍の特攻艇基地などを歴史遺産に:戦後66年、100年前の弾薬庫も保存

戦後66年となる今年、台湾に残る旧日本軍の水上特攻艇「震洋」の基地や約100年前の弾薬庫などの要塞跡を、歴史的な文化遺産として保存する動きが進んでいると知り、国防部の協力を得るなどして、取材した。 最初に訪れたのは高雄市。第2次大戦末期、海に面した山腹に造られた洞窟…

関連国・地域: 台湾日本米国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

台北和平医院でコロナ感染者、救急外来停止(13:10)

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

高雄の火力発電所が停止、400万戸に影響(05/14)

新型コロナ、新たに13人が域内感染(05/14)

万華区訪問者へ警告、感染拡大で(05/14)

飲食店や商業施設、コロナで「実聯制」導入(05/14)

各大学がオンライン移行、警戒度引き上げで(05/14)

IT大手がコロナ対策、来客禁止など(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン