【ベトナムの模索】縦割りにのまれた「工業国化」:笛吹けど踊らず、迫る自動車自由化

2016~20年のベトナム共産党指導部を決める全国代表大会(党大会)が、来年初頭に開催される。次の5年のあるべき経済政策は、間もなく終わる第11期(11~15年)を総括することで見えてくる。産業政策、農業、マクロ経済運営、国営企業改革などからベトナムがやり残した課題を探る…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

日本の対越投資、4位に後退 19年は件数増も製造は前年割れ(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(02/27)

ベトナム国内の感染者、16人全員が治癒(02/27)

ダイビル、オーストラリアで営業開始(02/27)

航空2社がチケット大幅割引、需要発掘へ(02/27)

太陽光発電のFIT価格、いまだ決まらず(02/27)

ニントゥアン、450MWの太陽光発電を計画(02/27)

ビナコミン、鉱業企業株を236万株放出へ(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン