• 印刷する

テイクオフ:東京の浅草寺・雷門の前…

東京の浅草寺・雷門の前。「私は台東の者だから」という中国語に驚いて振り返ると、「東京都台東区」の台湾人ボランティアガイドだった。繁体字のパンフレットを配り、観光客に説明をしていたが、足を止める人は多くなかった。

東日本大震災の後、初めて帰国した。家族や友人によると、外国人はやはり減ったそうで、中国語もほとんど聞かずじまい。そんな中で目に見えて変化があったのは、台湾の知名度だ。国・地域別の義援金の額が世界一だったことは強い印象を残し、これまであまり興味を持っていなかった人たちからも「親日なんだよね、行ってみたい」という言葉をもらった。

今度は日本人が台湾にお礼をと、この夏、友人の恩返し旅行の話がいくつもある。こちらのアテンドはこれから忙しくなりそうだ。炎天下の東京で頑張る台湾人ボランティアの姿に近づきたい。(沙)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中華電信、車庫娯楽と映画配信で提携(09/25)

新型コロナ感染者、510人に(09/26)

秋2連休に東部旅行が活況 高いホテル予約率、北部は不振(09/25)

帆宣、手持ち受注が過去最高の255億元(09/25)

聯陽が年末まで受注いっぱい、コロナ特需で(09/25)

LEDの聯嘉光電、10年先まで受注好調へ(09/25)

台湾東洋、国際展開加速に5カ年計画(09/25)

亜泥が台南の工場資産を取得、5.2億元で(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン