家計金融資産は2千兆W規模:ラップやヘッジファンドが台頭

低金利と不動産市場の景気低迷が長期化する中、韓国の資産運用市場で大きな変化が起きている。今年2月に、9カ月ぶりの買い越し(1兆7,912億ウォン、約1,400億円)を記録するなど、韓国の株式型投資信託が回復の兆しを見せる一方、高額資産家を中心に収益性の高いラップ証券やヘ…

関連国・地域: 韓国米国欧州
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の文学作品のうち、…(09/27)

LGがモジュールレス電池 25年量産へ、CATLに対抗(09/27)

就労目的の韓国語試験、9月29日から開始(09/27)

新規感染者1.4万人、死者33人増(09/27)

大宇造船、ハンファグループが優先交渉権(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

23年の成長率2.2%、現代経済研が予測(09/27)

輸出企業の相場予測、1ドル=1303ウォン(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン