【ベトナムの模索】「裾野」政策、なお定まらず:実効性ある制度へ鍵握るトップ

「未熟な裾野産業」。ベトナム製造業の決定的な弱みとして長年指摘されてきた難題に、この5年も抜本的な対策は取られなかった。日本の中小企業進出が広がり、力を付ける地場も現れてきた。だが裾野産業全体に不足する人材や資金力を後押しする制度が定まらない。計画投資省が来年…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

売上減や部品調達に不安拡大 新型コロナ、日系は対策強化も(02/20)

新型コロナ、航空各社が中国便など消毒徹底(02/20)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(02/20)

有望な物流市場、越は中印に次ぐ3位に(02/20)

東南アジア1月の訪日客、3割増で過去最高(02/20)

地場企業、カラオケ業から自動車販売に転換(02/20)

商工省、太陽光発電のFIT運用案を再提出(02/20)

インド向け農水産物輸出、中国代替で拡大へ(02/20)

青果輸出、EVFTAと新型コロナで多様化(02/20)

ピザロジック、HCM市1区に再出店(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン