都市環境、後進性浮き彫りに:域内ワースト6位、大気は平均値

マニラ首都圏の環境サステナビリティ(持続可能性)はアジア主要22都市でワースト6位――。独シーメンスと英エコノミストの調査部門子会社、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)の共同調査で明らかになった。マニラの総合評価はハノイ(ベトナム)などとともに「…

関連国・地域: 香港台湾韓国タイベトナムマレーシアフィリピンインド日本アジア
関連業種: 医療・医薬品化学その他製造建設・不動産運輸天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2630人、計29万9361人(09/25)

外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降(09/25)

イロイロ市の外出制限、再び厳格化(09/25)

コロナ感染新たに2180人、計29万6755人(09/25)

民放ABS―CBN、ロペス名誉会長辞任(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

シェル、マランパヤガス田の権益45%売却へ(09/25)

経済区庁、登録企業の85%が事業再開(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン