輸出加工から巨大市場の共同開拓へ:日本企業の台湾投資・提携の変遷

日本企業の戦後の台湾投資は1960年代ごろにさかのぼることができる。台湾の位置付けは当初の輸出加工拠点から、ハードウエア製造を中心とする電子産業への投資先へと変化した。そして最近の中台経済関係強化に伴い、サービスやソフト分野で手を組み、巨大市場、中国の開拓を進める…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系FII、中国で5Gモジュール開発(18:46)

テイクオフ:日本のお盆休みは、台湾…(08/19)

シャープ、台湾市場に全力 アクオスR3を海外初投入(08/19)

致伸科技がタイに子会社、リスク低減へ(08/19)

WAガス田権益入札11月、日本企交え本格化(08/19)

藍天電脳、19年のノートPC出荷130万台か(08/19)

車載LED売上高、億光が世界8位=集邦(08/19)

エイサーのスマート数珠、有名廟とコラボ(08/19)

樺正実業、9行と12億元協調融資契約(08/19)

誠品、海外展開は外部委託を採用へ(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン