共同体実現後のあり方を模索:ASEAN、日本と新段階へ

インドネシアは今年、2003年以来となる東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国を務める。同年に日本とASEANが締結した「東京宣言」と行動計画を見直す予定で、日ASEAN関係は新たな段階を迎える。日本の経済界からASEANコネクティビティー(連結性)のマスタープラ…

関連国・地域: 中国韓国インドネシアインド日本ASEAN米国欧州
関連業種: 建設・不動産運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:某バイクメーカーと楽器…(06/04)

アヤラ系電力、豪社に出資 9千万豪ドル、再生エネ事業拡大(06/04)

日系自動車各社の対応二分 「生産再開」と「停止継続」(06/04)

首都PSBB、5日からは地区ごとに移行か(06/04)

首都圏の出入り許可証、承認割合は9%(06/04)

FB出資受け入れ、インドネシア配車大手(06/04)

ライオン航空、5日から旅客便の運航停止(06/04)

CBU100万台輸出目標、業界は達成悲観視(06/04)

社会制限4カ月で経済マイナス3.5%=世銀(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン