• 印刷する

テイクオフ:日本人の友人が吸ってい…

日本人の友人が吸っていたタバコの箱を見た時、思わずギョッとしてしまった。喫煙の影響で腐った足の写真がカラーで大きく印刷されている。ほかにも「黒ずんだ肺」などのバージョンもある。現在オーストラリアで売られるタバコの箱はどれも大同小異だという。

オーストラリアでは1日から、国内で販売されるタバコの箱から宣伝色が全く消えた、世界で最も厳しい規制が実施されている。これではどのブランドのタバコなのかさえ全く分からない。国民の健康を取るか税収を取るかという選択だと見れば、タバコ規制は国家にとって難解な選択だろうが、オーストラリアがタバコ税収に期待しなくても税収がふんだんにある点が、世界で最も厳しい規制の背後にある。

ところでタバコを吸わない立場のこちらからは、友人に「これで禁煙したくなる?」とはさすがにまだ聞けない。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

伊藤忠、豪などの一般炭事業放出へ(01/15)

テイクオフ:周囲に70歳代以上の知…(01/15)

豪世帯・企業貯蓄、2千億$増 「景気回復に十分な資金力」(01/15)

VICが職場復帰へ、QLDは鉱山で隔離か(01/15)

コロナ対策の企業、出社拒否の社員解雇可?(01/15)

豪政府、ワクチンの追加確保に奔走(01/15)

中国企業の投資、豪政府が阻止を拡大(01/15)

豪企は別の石炭販売先を探せ=中国当局(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン