• 印刷する

生活水準ランク、マニラは前年と同じ128位

世界の221都市を対象とした生活水準ランキングで、マニラは昨年と同じく128位――。米国の人材コンサルタント会社マーサーが4日に発表した「2012年生活水準調査」で分かった。ABS―CBNが伝えた。

調査は各都市で9~11月に実施し、◇政治・社会環境◇経済環境◇社会文化環境◇医療・健康◇学校・教育◇公共サービス・輸送◇娯楽◇消費財◇住宅◇自然環境――の10分野39項目について評価した。

全体のトップはウィーン(オーストリア)で、2位がチューリヒ(スイス)、3位がオークランド(ニュージーランド)だった。アジアで最高位となったのはシンガポールの25位、次いで東京(44位)、神戸市(48位)、横浜市(49位)、大阪(57位)と日本の4都市が続いた。

マーサーは声明で、「アジア太平洋地域は、一部の都市でインフラ整備や公共サービスの著しい改善が見られる一方で、多くの都市は下位に位置しており、都市間の格差が顕著になっている」と指摘している。

一方、同日に発表された「2012年インフラ整備調査」では、マニラは221都市中120位とされた。全体のトップはシンガポール。アジアの都市では他に香港(6位)、横浜市(11位)、東京(32位)、名古屋市(41位)、神戸市(44位)、ソウル(韓国、50位)が50位内にランクされた。


関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン