• 印刷する

MPF利回り、11月は1.24%

トムソン・ロイター傘下の投信情報会社、リッパーの調べによると、強制退職年金基金(MPF)の11月の平均運用利回りは1.24%にとどまった。米国による量的緩和の第3弾(QE3)の恩恵を受け、10月の0.67%から2倍近くに上昇。しかし、第3四半期(7~9月)の4.66%に比べるとかなり低水準だった。5日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

1~11月の平均運用利回りは10.15%と好調だったが、ハンセン指数が18%上昇しており、それに比べると運用実績は悪かった。

11月の利回りをタイプ別に見ると、株式・債券混合型が1.18%、株式型ファンドが1.88%、債券型が0.27%だった。

市場関係者は、今後も世界経済の低迷にさらされ、運用実績は変動すると分析。米国の「財政の崖」問題や、中国の経済成長、欧州経済の不透明さ、中東情勢の成り行きなどにより、来年に向け市場は浮き沈みを繰り返すと予測した。

<香港>


関連国・地域: 中国香港米国中東欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

食品見本市で農産物売り込み 日本の果物人気、日本米の食育も(08/12)

新たに4376人感染、前日から217人減(08/12)

乳幼児への接種加速へ、対応施設を増設(08/12)

外国人家政婦、隔離3日で仕事可能に(08/12)

日本郵船などの合弁、LNG船7隻の用船契約(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン