• 印刷する

米の有名ホテル買収交渉中、大連万達集団

遼寧省大連市に本社を置く大手不動産デベロッパー、大連万達集団の王健林・会長が、米国の有名ホテルチェーンと買収交渉中であることを明らかにした。5日付第一財経日報が伝えた。

買収交渉相手のホテルチェーン名は明らかにしていないが、既に中国国内でもホテル展開している企業という。王会長は、向こう10年間で米国に100億米ドル(約8,220億円)を投資し、ホテルのほか、小売りや商業向け不動産開発を行う予定だとした。

大連万達集団は上場を計画している。有名ホテルチェーンの買収で自社の資産価値を高めるほか、ホテル経営で利益拡大を目指す狙いがある。万達集団は中国国内で100軒近くのホテルを開業し、仏アコーホテルズ、米スターウッド・ホテル&リゾーツ・ワールドワイド、ハイアット ホテルズ&リゾーツなど世界の大手とも業務提携している。

大連万達集団は9月に米大手映画館チェーンのAMCエンターテインメントを26億米ドルで買収しており、海外展開を加速している。<全国>


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アディダス、中国事業「理解不足あった」(17:02)

テイクオフ:たとえ下戸でビールが苦…(08/18)

四川の電力難の影響が表面化 長引けば電池・化学品が供給不足(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

重点建設事業を加速、投資の安定成長を図る(08/18)

「経済大省」は中央財政に貢献を、李首相(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン