• 印刷する

テイクオフ:ボクシングのパッキャオ…

ボクシングのパッキャオ選手がメキシコのマルケス選手にKO負けした。両者の対戦は過去8年以上にわたって4度目。戦績はパッキャオ選手の2勝1分けだが、いずれも僅差の判定勝ちであり、試合前は「因縁対決の最終章」などとPRされていた。

リアルタイムで試合を見ることはできなかったが、ともにダウンを奪っていることやマルケス選手の流血写真などを見る限り、壮絶な打ち合いであったと想像する。パッキャオ選手が顔面からマットに崩れ落ちる姿はフィリピン人ならずともショッキングな場面であったろう。

同選手はミンダナオ地方ブキドノン州出身。試合前は「この対戦をミンダナオの台風パブロの被災者にささげる」と語っていただけに残念な結果となった。それでも、失意の「英雄」が再び立ち上がり、復活を期す姿こそ多くの人々に新たな勇気を与えることになるのではなかろうか。(須)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン