• 印刷する

BYD、日本の太陽電池市場に進出

深セン市に本拠を構える電池・自動車メーカーの比亜迪(BYD)が日本の太陽電池市場に進出する。このほど生活協同組合コープさっぽろ(札幌市)から、太陽光発電所向けに太陽電池モジュールを受注した。日本からの受注は初めて。米国や欧州連合(EU)が中国製太陽光発電製品に対する反ダンピング措置を発動した影響で欧米向け需要が低迷する中、日本市場の開拓に乗り出したとみられる。

コープさっぽろ傘下で、太陽光発電などエネルギー事業を手掛けるエネコープ(札幌市)の担当者によると、BYD製品は北海道帯広市にある出力750キロワット(kW)の太陽光発電所に納入する。発注額は明らかにしていないが、「価格面も含めて総合的に判断し、購入に至った」という。

12日易車網によると、BYDはこれまで、欧州、米国、ブラジル、南アフリカで太陽光発電事業を展開。今年5月に発表した「PV TOP.5」と呼ぶ技術によって、太陽電池モジュールの発電効率を従来比10%向上し、設置コストを10%低減、また製品寿命を延ばすことに成功したという。

■ブルガリアで電気バス生産

BYDは11日、ブルガリアのエネルギー企業Bulmineralと、同国で電気バスの生産を手掛ける折半出資の合弁会社を設立することで合意した。同国で工場を設ける中国自主メーカーとしては長城汽車(河北省保定市)に続き2社目となる。投資額は明らかにしていないが、第1期の建設に数千万ユーロを投じる予定だという。来年2月にも生産を開始する見通しで、電気バスの生産能力は月40~60台を見込む。<深セン>


関連国・地域: 中国-深セン日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造建設・不動産運輸IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝晩にランニングをして…(04/21)

中国IT大手が存在感 上海MS、車両ハイテク化が加速(04/21)

5G利用端末2.6億台、世界最大級の通信網(04/21)

日米が楽天を共同監視、中国への情報流出警戒(04/21)

中国経済は年内「力強く成長」、朱民氏(04/21)

経済安保が重要課題に、効率優先曲がり角(04/21)

新5カ年計画で工業ネット促進、科学技術省(04/21)

アナンダ、中国・香港でコンド販売強化(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン