• 印刷する

病院アポロ、ミャンマーで遠隔医療サービス

病院経営大手のアポロ・ホスピタルズは、ミャンマーのヤンゴンで遠隔医療サービスを始めた。患者はヤンゴンにいながら、インド国内のアポロ・ホスピタルズの医師の診察、高水準の治療を受けることができる。エコノミック・タイムズ(電子版)が伝えた。

同社のプリーサ・レディ社長によると、遠隔医療ネットワークの「アポロ遠隔医療ネットワーク財団」を通じ、専門医による紹介や相談、セカンドオピニオンなどのサービスを提供するほか、ミャンマーの医療従事者を対象とした教育や各種プログラムを実施する予定。通信には衛星回線や光ファイバー網を利用する。

サービス開始に際して、ヤンゴンにあるKCヘルスケアとデリーのアポロ・ホスピタルズを結び、模擬診察が行われた。

アポロ遠隔医療ネットワーク財団はスリランカのコロンボやバングラデシュのダッカ、パキスタンのラホールなど西南・中央アジアやアフリカの海外9カ所を含む113カ所に遠隔医療拠点を設置している。


関連国・地域: ミャンマーインド
関連業種: 医療・医薬品IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:寝台列車が好きだ。初め…(06/02)

地場携帯、中国から拠点移転 80億ルピー投じ印を輸出ハブへ(06/02)

自動車業界の設備投資、昨年度は18%減(06/02)

印から帰国者4人感染、累計228人=1日朝(06/02)

自動車M&M、電動車戦略で三輪車事業に重点(06/02)

反中アプリの人気急騰、ダウンロード百万回(06/02)

首都圏政府が資金不足、中央に支援要請(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン