• 印刷する

病院アポロ、ミャンマーで遠隔医療サービス

病院経営大手のアポロ・ホスピタルズは、ミャンマーのヤンゴンで遠隔医療サービスを始めた。患者はヤンゴンにいながら、インド国内のアポロ・ホスピタルズの医師の診察、高水準の治療を受けることができる。エコノミック・タイムズ(電子版)が伝えた。

同社のプリーサ・レディ社長によると、遠隔医療ネットワークの「アポロ遠隔医療ネットワーク財団」を通じ、専門医による紹介や相談、セカンドオピニオンなどのサービスを提供するほか、ミャンマーの医療従事者を対象とした教育や各種プログラムを実施する予定。通信には衛星回線や光ファイバー網を利用する。

サービス開始に際して、ヤンゴンにあるKCヘルスケアとデリーのアポロ・ホスピタルズを結び、模擬診察が行われた。

アポロ遠隔医療ネットワーク財団はスリランカのコロンボやバングラデシュのダッカ、パキスタンのラホールなど西南・中央アジアやアフリカの海外9カ所を含む113カ所に遠隔医療拠点を設置している。


関連国・地域: ミャンマーインド
関連業種: 医療・医薬品IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド政府は25日、ア…(01/27)

日系機械が販路拡大狙う 製造業に潜在需要、11社が出展(01/27)

スズキ、小型車「エスプレッソ」の輸出開始(01/27)

MGモーター「ZS」、208万ルピーから(01/27)

起亜自、新興国では内燃機関車に軸足(01/27)

スズキ、インド生産の完成車輸入が大幅減少(01/27)

バジャジとトライアンフの提携、正式に始動(01/27)

二輪TVS、電動車市場に参入(01/27)

二輪レンタルのバウンス、1億ドルを調達(01/27)

二輪車の需要弱く、BS6値上げで=ICRA(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン