• 印刷する

《日系進出》甲信工業が初の生産拠点、来年稼働

精密機器の機構部品を手掛ける技術商社、甲信工業(長野県塩尻市)は、来年にインドネシアで商業生産を開始する。自社の生産拠点を持つのは世界で初めて。小型の駆動系部品を生産し、国内外の自動車やOA機器産業に供給。2015年10月期の売上高10億円を目指す。【小故島弘善】

西ジャワ州ブカシ県のジャバベカ工業団地内に設置した現地法人の甲信工業インドネシアが、来年7~8月をめどに小型の焼結合金ギアの生産を本格的に始める。主に現地向けに供給するが、アジア各国への輸出も視野に入れる。樹脂製品などに生産品目を段階的に増やし、強度や重量などで顧客の要望に沿った製品の生産体制を整える。将来的には組み立て部品を製造する拠点も設置する考えだ。

15日に実施した工場の開所式に出席した甲信工業の千国敏社長は、「最大で型締め力が100トンまでの小型成形機で生産できる製品に注力し、需要を取り込んでいく」と語った。当初は従業員25人ほどで安全管理と品質の向上を進める。来年半ばまでには従業員50~60人の体制で本格的に稼働する予定だ。

甲信工業インドネシアは昨年の設立で、資本金は2,500万円。工場は敷地面積が2,000平方メートル、延べ床面積が1,100平方メートルだ。海外では香港とシンガポールの販売拠点に続く、3カ所目の現法となる。

■成長市場、賃上げ懸念

千国社長は、生産拠点をインドネシアに設けた理由として、労働者が勤勉であることと潜在的に大きな成長が見込める市場であることの2点を挙げた。数年前に同国での生産を決めるまで中国やタイも検討していた。

懸念材料としては、賃上げ圧力の高まりを指摘。「長野県でもインドネシアへの進出意欲が高まっているが、これから中小企業が準備を進めるには環境は厳しくなってきている」と述べた。


関連国・地域: 香港シンガポールインドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属その他製造建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ガルーダ航空、事業改革で国内線重視へ(20:35)

優秀な公務員の週休3日制や在宅勤務を検討(21:11)

テイクオフ:年末の一時帰国を前に、…(12/16)

バンコク銀がプルマタ銀買収 来年に2900億円で、海外事業強化(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

11月の新車販売台数は12%減少=地元紙(12/16)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/16)

ホンダ四輪、11月小売り台数は前月比5%増(12/16)

アバンザ、発売以来16年で累計180万台販売(12/16)

すてきナイス、モデルハウスの見学会実施(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン