• 印刷する

有名人の愛用・開発製品、マーケ効果大

芸能人やスポーツ選手らが開発にかかわったり愛用したりする製品が、マーケティング効果を生んでいる。アジア経済新聞が伝えた。

ピアニストのイルマが自身の経験を基に製品のコンセプトを提案し、2009年に発売されたウエットティッシュは、今年第3四半期(6~9月)だけで100億ウォン(約7億3,000万円)以上を売り上げた。会社側は、イルマの社会貢献活動や演奏会でのイメージが好感を与えているとみている。英国のデパートなどから引き合いもあるようだ。

アクセサリーブランドのJ.ESTINAは、フィギュアスケーターの金妍兒が着用することで知られる。大会などで着けていたアクセサリーはすぐに完売するほどの人気ぶりという。

競泳選手の朴泰桓は海外ヘッドホンブランドのドクター・ドレーを愛用している。朴選手が着用して大会に登場するようになってから数年たった今も、安定した売上高を計上している。高額で決して需要が多い製品ではないが、朴選手のおかげでマーケティング効果が生まれていると業界は分析する。

専門家は「有名人や芸能人と同じ製品を使えば自分もそのようになれるかもしれないという心理が、消費行動を起こさせる」と説明した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

存在感増す電動車、投入続く 五菱EV1500台受注、展示会(08/15)

現代自、国内市場向けMPVを正式発表(08/15)

現代自の7月販売、前月比35%増(08/15)

サムスントップに恩赦、経済活動自由に(08/15)

韓国起亜、MPV新型「カレンス」投入(08/15)

米EV優遇で日本勢不利、要件厳格化で(08/15)

地場不動産とサムスン、包括提携契約(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン