• 印刷する

米大統領再選、BPO業界は悪影響を懸念

オバマ米大統領が再選を果たしたことで、フィリピンのビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界では、米国企業による海外でのアウトソーシング(業務委託)を制限する法案が可決され、大きな打撃を被るという懸念が広がっている。8日付ビジネスミラーなどが伝えた。

米下院の共和、民主両党の3議員が昨年12月に提出した「コールセンター・消費者保護法案」は、コールセンターなどを海外に移転する米企業に対して、税制上の優遇措置を凍結し、海外への業務委託を中止して国内に雇用をもたらす企業に20%の減税を実施するという内容。

米上院は7月に同法案を僅差で否決したが、オバマ大統領は選挙戦で国内の雇用対策強化を打ち出しており、同法案を再提出し、成立を目指す可能性が高い。

同法案をめぐっては、米企業によるフィリピン企業への業務委託が減り、国内経済を大きく支えるBPO業界の収益基盤が縮小し、雇用にも大きな悪影響を及ぼすとの懸念がくすぶっていた。大統領府のマヌエル・ケソン次官は8日、出演したテレビ番組で、同法案が成立したとしても、米企業が収益を重視すればフィリピンを離れることはないとして、国内BPO業界は安泰との見解を示したが、業界は当面、米政府の動きに神経を尖らせることになりそうだ。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン