外国人労働者、高齢化対応で15万人上乗せ要

国内の労働力不足に対応するため、2030年までに現在より15万人の外国人労働力上乗せが必要になることが、首相府国家人口人材局(NPTD)の定例報告書で明らかになった。 大半はメードで、現行の19万8,000人から30年には10万人超上乗せした30万人程度が必要になると試算している…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

5カ月連続輸出減、通年10年ぶり低水準の予測(08/16)

フィンテック資金調達額、上期は4倍近く(08/16)

小児ぜんそく監視端末、スタートアップが開発(08/16)

一帯一路への関心高く 東南アジア、投資はベトナム首位(08/16)

国民自慢のマンゴー脚光 輸出増、日本向けは加工品で(08/16)

工業不動産の入居需要、貿易摩擦で低迷(08/16)

みずほ銀行子会社、サイバー攻撃で情報漏えい(08/16)

人材派遣フルキャスト、地場企業と合弁会社(08/16)

陸運大手の社会事業部門、人材紹介開始(08/16)

みずほとOCBC、地場プルマタ銀を買収か(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン