外国人労働者、高齢化対応で15万人上乗せ要

国内の労働力不足に対応するため、2030年までに現在より15万人の外国人労働力上乗せが必要になることが、首相府国家人口人材局(NPTD)の定例報告書で明らかになった。 大半はメードで、現行の19万8,000人から30年には10万人超上乗せした30万人程度が必要になると試算している…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

クラウド・AIの拠点設置 華為、最新技術で事業基盤強化(04/26)

テイクオフ:3年間のシンガポール勤…(04/26)

定年・再雇用年齢、労組が65・70歳を提示(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

管理会計士への転職支援、研修制度が始動(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

郊外に事務所移転の動き、賃料上昇で(04/26)

工業不動産の賃料、1~3月期は0.2%低下(04/26)

配車グラブが宅配強化、ニンジャバンと提携で(04/26)

AI営業ツールの新興企業、530万米ドル調達(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン