外国人労働者、高齢化対応で15万人上乗せ要

国内の労働力不足に対応するため、2030年までに現在より15万人の外国人労働力上乗せが必要になることが、首相府国家人口人材局(NPTD)の定例報告書で明らかになった。 大半はメードで、現行の19万8,000人から30年には10万人超上乗せした30万人程度が必要になると試算している…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

都市ホテル初の循環型農業 仏アコー、野菜3割自給へ(22:45)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(20:56)

アジア太平洋のM&A、新型肺炎で活性化へ(17:15)

企業の中国工場、操業再開も苦境(19:44)

メディア大手、日本で高齢者介護施設取得(22:38)

医療ラッフルズ、19年は増収減益(19:44)

テイクオフ:ショッピングモールが閑…(02/24)

東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

累計89人、新たに3人(22日、23日)(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン