地下に科学技術集積地、政府が開発検討

政府は、シンガポール国立大学(NUS)に隣接する西部ケントリッジ・パークの地下に科学技術産業の集積施設を開発することを検討している。12日付ストレーツ・タイムズが伝えた。 シンガポールで先週開かれた都市の地下スペース利用に関する国際会議で、政府関係者が明らかにした…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染人1606、4日連続減少(26日)(11:43)

テイクオフ:当地の大手銀行の1行が…(09/27)

製造業生産が3カ月連続鈍化 半導体や化学低迷、今後も不振か(09/27)

ハイネケン、大規模バイオマス発電所を稼働(09/27)

東南アジアのテック業界、人員削減相次ぐ(09/27)

低中所得世帯に7400万ドル拠出、コロナ対策(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

ウェブ3.0事業の投資ファンド、現地社が設立(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン