• 印刷する

テイクオフ:この時期になると、ある…

この時期になると、ある青年のことを思い出す。短期契約の労働者として食品工場を転々としていた彼。毎年11月に入ると、クリスマスに向けて生産を拡大する食肉加工工場に勤務していた。最低賃金に重労働、不規則なシフト――。水仕事と加熱機器の熱で手を傷めながらも弱音一つ吐かず、妻と幼い子どもたちのために働き続けていた。

今年もまた同じ食肉加工工場で働いているのだろうかと思っていたところ、1通の電子メールが届いた。添付された写真には、白銀の世界で微笑む彼の姿があった。近年フィリピン人労働者の受け入れを拡大しているカナダのマニトバ州で就労機会を得たという。

「いつか海外に出て、家族に楽をさせてあげたい」。彼が常々口にしていた夢は、クリスマスを前に実現した。遠い地でも寒さに負けず、家族のことを思いながら黙々と仕事に励んでいることだろう。(香)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン