• 印刷する

イスラム自治区、マレーシアからの投資誘致

ミンダナオ・イスラム教徒自治区(ARMM)のコタバト市で24日、マレーシアの投資家を対象とする国際投資フォーラムが開催された。ARMM地域を海外の経済ミッションが訪問するのは、武装勢力モロ・イスラム解放戦線(MILF)とフィリピン政府が和平の枠組み合意書に調印してから初めて。和平合意を受けて同地域への投資促進を図る政府の動きが具体化してきた。

26日付ビジネスワールドによると、同フォーラムにはフィリピンのエドゥアルド・マラヤ駐マレーシア大使の招きで、製造業、インフラ開発、教育、小規模金融(マイクロ・ファイナンス)分野などから19人のマレーシア人実業家が参加。地元からも200人以上の関係者が出席した。

ARMMのムジブ・ハタマン知事は冒頭の演説で、同地域のビジネス環境が整いつつあることを強調し、マレーシアからの投資への期待感を表明。

マラヤ大使によると、29日にはマレーシアのクアラルンプールで、大使館とミンダナオ開発庁(MINDA)が地元商工会議所との協賛による投資フォーラムが開催される。MINDAのアントニノ長官、ハタマン知事が率いるARMMの経済使節団が参加し、同地域への投資を働きかける予定だ。


関連国・地域: マレーシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン