• 印刷する

イネ研究所、来年のコメ完全自給達成に自信

農業省傘下のフィリピン・イネ研究所(PRRI)はこのほど、政府が目標に掲げる2013年のコメ完全自給化が実現に近づいているとする声明を発表した。スターなどが伝えた。

PRRIのボーディ博士によると、フィリピンでは2000年から11年かけてコメの作付け面積が年4万7,773ヘクタールの割合で増加。これに伴って11年のコメ生産量は約108万5,000トンまで拡大し、自給率は92%に達した。

11年のコメ輸入は80~90万トンとなっており、完全自給化の実現には、この分に相当する増産が必要となる。これについて同博士は、政府のかんがい事業が進み、非かんがい地域での収穫増が見込まれることに言及。さらに、国民1人当たりのコメの食べ残しが1日9グラムに上っていることから、これを是正すれば53億ペソ(約98億円)相当の輸入が不要になるとして、完全自給化の達成について楽観的な見通しを示した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

旧民放大手、TV5に出資 52億円で35%株取得、当局は反発(08/12)

ABS―CBN、スカイケーブル株売却(08/12)

比の22年成長予測を下げ、国内外機関(08/12)

石炭発電所の新設凍結、現政権でも継続(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン