• 印刷する

車鋳造部品キリウ、東部工場を増強

自動車用鋳物部品メーカーのキリウ(栃木県足利市)は、東部ラヨン県イースタンシーボード工業団地の工場を増強している。タイをはじめ東南アジア諸国連合(ASEAN)域内で日系自動車メーカーが増産を進めているのに対応する。

2006年設立の現地法人、キリウタイランド(KTH)の既存工場敷地内に新棟を建設し、来年8月に第2鋳造ラインを稼働する計画だ。電気炉4基、造型ライン、仕上げ設備などを導入し、ブレーキディスク、ブレーキドラムといった鋳物部品を一貫生産する。月産能力を現在の2,500トンから2倍の5,000トンとする。投資額は非公開。

キリウの世界全体での自動車用鋳物部品の生産能力は年間3,764万個。このうちブレーキディスクが2,014万個、ブレーキドラムが304万個を占める。生産拠点は日本国内の3カ所に加え、海外ではタイ、インドネシア、インド、中国(2カ所)、韓国、米国、メキシコの7カ国に構える。タイでの生産能力は増強後、全体の約1割を占める規模になるという。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクのコンビニなど…(08/11)

政策金利、0.75%に引き上げ 物価抑制へ2年ぶりに方針転換(08/11)

新規の感染者2335人、死者32人(10日)(08/11)

シュナイダー、タイのEV生態系構築を支援(08/11)

タイ航空、3050億円の財務改善計画を推進(08/11)

EEC航空都市、免税措置で旅行者呼び込み(08/11)

発電ガルフ、欧PEファンドに100億円投資(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン