• 印刷する

北京にアジア最大の旗艦店、米アップル

米アップルは20日、北京市東城区の繁華街、王府井に市内3店目となる販売店「アップルストア」を開店する。アジア最大規模の旗艦店となる。15日付北京商報などが伝えた。

旗艦店は、王府井大街と金魚胡同が交差する地点に位置する新東安広場に設ける。4階建てで、正面に巨大スクリーンを掲げる。

王府井店の開店で、中国本土のアップルストアは上海市内の3店と北京市内の2店を合わせて計6店となる。

王府井店では開店初日から、新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)5」を発売するとみられている。<北京>


関連国・地域: 中国-北京米国
関連業種: 電機建設・不動産IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕コーセルなど(08/11)

テイクオフ:カツ、カツ、カツ、カツ…(08/11)

首都の環状3号線、9月完工の見通し(08/11)

クリーンエネ投資に40兆元 脱炭素転換の融資も巨額に(08/11)

気候変動対策、地方政府の発表相次ぐ(08/11)

原発の発電比率、35年に2倍の10%へ(08/11)

中国勢のスマホ販売制限、地場企業に恩恵(08/11)

7月のCPIは2.7%上昇、高水準続く(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン