• 印刷する

投資適格級には2年半必要、S&Pが見通し

大手格付け会社の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は18日、フィリピンの長期信用格付けが投資適格級となるまでには、一層の財政基盤強化が必要と指摘し、適格級への格上げは2年半後まで先送りされるとの見通しを示した。ビジネスミラーが伝えた。

S&Pは7月、フィリピンの長期外貨建て債務の信用格付けを「BB」から1段階引き上げ、投資適格級まであと1段階の「BBプラス」にした。格付け見通しは「ステーブル(安定的」として、早期の格上げがないことを示唆したものの、国内では将来の投資適格認定への期待が広がっている。

しかし、S&Pのシンガポール支社が発表したリポートは、フィリピンの財政がなお脆弱(ぜいじゃく)で、政府債務の利払い負担も大きいと指摘。財政については貧困層が多いことで1人当たりの所得が低く、歳入基盤が限定されている点を問題視した。さらに、最終段階に入っている酒・たばこ税の改正に関しても、大きな税収増効果は見込めないとして、早期の格上げに否定的な見解を示した。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン