• 印刷する

テイクオフ:フィリピン在住者のメリ…

フィリピン在住者のメリットとして、「気軽にマッサージを受けられること」と話す人は多い。日本では少しぜいたくなサービスを当地では1時間300ペソ(約580円)程度の料金で、自宅まで出向いて提供してくれる。

ただ、サービスの水準はマッサージ師の経験に大きく左右され、不満を感じることもしばしば。そんな話を知人にしたところ、出産を機にフリーになったという腕利きの女性を紹介された。試してみると、確かにツボを心得ており、以来、定期的にマッサージを頼んでいる。

ひとつ残念なのは、シングルマザーの彼女が「預かってくれる人がいなくて」と、就学前の子どもを連れてくること。マッサージ中に子どもが退屈しないか心配で、事前にテレビをつけたり、お菓子をあげたり。体の疲労は解消される一方で気疲れが増す、未婚の母が多い当地ならではの悩ましい日々が続いている。(中)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン