• 印刷する

《日系進出》山崎製パン、来年に工場建設

山崎製パンは、インドネシア市場に参入する。来年にジャカルタ近郊に工場を設立。同社にとって海外初となる量産・配達をするホールセールベーカリー事業を2014年から展開し、16年に売上高4,500億ルピア(約37億円)を目指す。

工場はバンテン州タンゲランに建設する。当初は食パンや菓子パンを中心に20~30品目を製造し、現地大手流通・小売会社アルファ・グループに卸売り。同グループがジャワ島・スマトラ島を中心に保有するミニマーケット(コンビニエンスストア)7,000店舗以上に供給する方針だ。

山崎製パンは、海外ではこれまで店内で製造・販売するリテールベーカリー事業を展開してきた。インドネシアは人口2億4,000万人を抱える中、所得水準の上昇でパンの需要が高まっているとみており、ホールセールベーカリー事業を手掛けることに決めた。

30日には、合弁対象会社として2月に設立していたヤマザキ・インドネシアが実施する増資を来年1月に引き受け、出資比率を51%に引き上げることを決議したと発表した。同社には現在、アルファ・グループ傘下シグマンタラ・アルフィンドと三菱商事の合弁会社、アトリ・パシフィックが99.998%を出資する。増資後の資本金は現在の500億ルピアから2,000億ルピアに増える予定だ。

アルファ・グループは、傘下のミディ・ウタマ・インドネシアを通じてローソンの現地ライセンス権を持つ。

現地では、敷島製パンと双日が製パン最大手のニッポン・インドサリ・コーピンドにそれぞれ8.5%、4.25%を出資し、「サリロティ」ブランドのパンを販売している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EUがWTOにパネル要請、ニッケル禁輸で(01/15)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

新規感染者1万1557人、2日連続で最多更新(01/15)

産業相の製造業成長率予測、専門家は疑問視(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

ワクチンで経済正常化、専門家は慎重な見方(01/15)

バリ空港の年末年始利用客数、前年比83%減(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン