• 印刷する

電力テナガ、定年を60歳に延長

ナジブ首相は3日、国営電力会社テナガ・ナショナル(TNB)の従業員集会に出席し、同社の定年を56歳から60歳に延長すると明らかにした。政府系企業(GLC)で定年を60歳まで延長するのは同社が初めてという。4日付スターなどが伝えた。

今回の措置は、民間企業の定年退職年齢を現在の55歳から60歳に延長する定年年齢法がこのほど成立したことを受けたもの。今後は他のGLCにも同様の動きが広がると予想される。

ナジブ首相は「テナガの従業員が職責を果たす意欲を強めることを期待している」と述べた。

ナジブ首相はまた、テナガの56~60歳の従業員に対する従業員積立基金(EPF)への雇用主拠出率を引き上げることも明らかにした。一方、今年9月1日以降に入社する従業員は、新たに社会保障機構(SOCSO)への拠出金納付が義務付けられる。制度上は月額給与が3,000リンギ(約7万5,000円)以上の場合、拠出金納付は任意となる。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもが通う保育園の先…(08/15)

GDP成長率、8.9%に加速 4~6月、活発な個人消費がけん引(08/15)

新規感染4334人、2日ぶり4千人超(08/15)

ゲーム開発のヴァーチャス、首都に拠点開設(08/15)

RM1=30.0円、$1=RM4.44(12日)(08/15)

タイ・ラオスと結ぶ貨物鉄道、10月運行開始(08/15)

ペナンLRT事業、入札書類の提出期限延長(08/15)

不動産市場、4~6月は活況=情報サイト(08/15)

マレーシアへの日本酒輸出額、上期は79%増(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン