• 印刷する

反日デモの被害総額は約35億円、平和堂

滋賀県を地盤とする小売業の平和堂(滋賀県彦根市)は27日、反日デモによる湖南省の3店舗の被害額が、直営部分で約5億円、入居するテナント部分で約30億円に上るとの見通しを明らかにした。

平和堂は1998年、中国に進出。湖南省長沙市の「五一広場店」を皮切りに「東塘店」、同省株洲市「株洲店」の3店舗を展開している。9月15日の反日デモで、3店舗とも設備や備品が破壊され商品が略奪されるなどしたため、現在も営業を停止している。同社寿谷正潔執行役員によると、湖南省の店舗は約2割が自社調達商品、約8割がテナント商品という。<全国>


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:消毒液の臭いが充満する…(08/02)

大都市でコロナ警戒体制強化 企業も自主規制、経済活動に影響(08/02)

下期に積極財政政策、中央政治局会議(08/02)

人民銀、下期も穏健な金融政策を維持(08/02)

新車CO2を37%削減、日米欧と中国=日産(08/02)

7月の製造業PMIは50.4、4カ月連続下落(08/02)

中国、データ管理を指導=アリババなど大手12社(08/02)

鉄鋼業の上期利益3倍、コスト削減が寄与(08/02)

米地位協定の破棄撤回、中国懸念で方針変更(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン