• 印刷する

反日デモの被害総額は約35億円、平和堂

滋賀県を地盤とする小売業の平和堂(滋賀県彦根市)は27日、反日デモによる湖南省の3店舗の被害額が、直営部分で約5億円、入居するテナント部分で約30億円に上るとの見通しを明らかにした。

平和堂は1998年、中国に進出。湖南省長沙市の「五一広場店」を皮切りに「東塘店」、同省株洲市「株洲店」の3店舗を展開している。9月15日の反日デモで、3店舗とも設備や備品が破壊され商品が略奪されるなどしたため、現在も営業を停止している。同社寿谷正潔執行役員によると、湖南省の店舗は約2割が自社調達商品、約8割がテナント商品という。<全国>


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

化粧品ODM韓国コルマー、中国に第2工場(16:39)

米国債保有残高、15カ月連続で中国が首位(20:07)

テイクオフ:広州の地下鉄駅で雨傘の…(10/17)

農村観光振興へ3カ年計画 インフラ整備や環境対策を推進(10/17)

PCBの欣興、中国昆山から罰金65万人民元(10/17)

9月の訪日中国人、5年ぶりに減少(10/17)

「一帯一路」基金、7千億円を対比投資(10/17)

9月CPIは2.5%上昇、伸び率0.2P拡大(10/17)

MGモーター、20年にEVを発売(10/17)

過剰生産能力の解消、呼応企業に税優遇(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン