• 印刷する

タクシン派幹部、1人の保釈取り消し

タクシン元首相支持派団体・反独裁民主戦線(UDD)幹部19人の保釈取り消し請求の裁判で、刑事裁判所は22日、ヨットワリット氏(コメディアンで芸名はチェン・ドクチック)の保釈を取り消す判断を下した。残るチャトゥポン元下院議員ら18人の保釈取り消し請求は却下した。

タイ国営通信(TNA)などによると、憲法裁判所が先月、刑事裁にUDD幹部24人の保釈取り消しを請求した。憲法裁裁判官の名誉を傷付けるとともに、脅迫行為を行い、保釈の条件に違反したことが理由だ。

UDDとタクシン派最大与党・プアタイ党(タイ貢献党)が推進している憲法改正について、憲法裁が合憲か否かを審理していた6月、UDD幹部が集会などで憲法裁裁判官を侮辱する発言を行ったり、脅迫したりしたという。

ヨットワリット氏は、UDDの集会で裁判官の電話番号を公表し、抗議の電話をするよう呼び掛けたとされる。

24人は2010年のアピシット政権に対する大規模反政府活動を指導し、テロなどの容疑で逮捕されたが、昨年2月に保釈された。

刑事裁は、24人のうち不逮捕特権のある下院議員5人については、通常国会が終了する11月に判断を下す予定だ。5人は、ナタウット副農業・協同組合相、ウェン下院議員、コーケウ下院議員ら。

23日付ネーションによると、ウェン下院議員は、刑事裁の判決前、「ヨットワリット氏の行為は許されるものではない」と述べ、同氏を非難した。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「東京とバンコクは、ど…(08/15)

住宅市場、コンド中心に回復 在庫は減、中国の投資再開に期待(08/15)

新規の感染1773人、死者30人(12~14日)(08/15)

長城汽車、タイでの販売が通算1万台に到達(08/15)

レムチャバン港、車両混雑解消へ新システム(08/15)

宅配新興カーゴX、売上高110億円目標(08/15)

タイ・ラオスと結ぶ貨物鉄道、10月運行開始(08/15)

物流ワイスが上期7割増益、下期も好調予測(08/15)

宅配ケリー、上期の取扱量は35.7%増(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン