• 印刷する

「告発法」「度量衡法」など4法が施行

不正を告発した人の身の安全を保障するため、氏名、住所、筆跡などの個人情報を非公開にできることなどを定めた告発法を含む4つの法律が、1日施行された。1日付VNエクスプレスが報じた。

施行されたのは、告発法のほか、不服申し立て法、文書保管法、度量衡法で、いずれも昨年11月の国会で成立した。法規文書統合法令も同日施行された。

告発法は、これまで汚職などの不正を告発した人が、被告発者側に狙われて身の安全を脅かされる事件が頻発していることへの対処として、告発者の氏名、住所、筆跡その他の個人情報を必要に応じて非公開にできることが定められた。

不服申し立て法では、1つの内容について多数の人が不服を申し立てている場合、当局は申し立て者に代表を選ばせて、その代表から申し立て内容を聴取することが定められた。全国で土地収用などをめぐる集団での抗議行動が多発していることへの対応だ。

複雑な不服申し立て事案については、諮問評議会を設置して、解決に向けた参考意見を聞くことができる。

文書保管法は、個人や家庭が所蔵する歴史資料などを、国家文書保管所に登録する制度を定めている。対象となる資料は、家系図、過去帳、証明書、書簡、学術研究、創作物、映画、写真、録音物、録画物、電子資料、収集物など。これらの資料の寄贈、売り渡し、使用についても規定している。

度量衡法では、度量衡をごまかして不正に収得した金額が、罰金の最高額を上回る場合への対処として、不正収得額の1~5倍を罰金として科すことができる規定が設けられた。不正に収得した金は没収される。

法規文書統合法令では、法規文書を統合する際の原則として、統合の対象となる文書が同一の国家機関によって公布されたものであることや、文書の内容や効力を変更してはならないことが定められた。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

VJCC塾生、広がる輪 経営改革へ「日本式」伝搬(下)(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

伊藤忠エネクス、カーライフ事業を越展開(11/21)

ベトジェット、外銀と152億円の協調融資(11/21)

中古旅客機、製造10年超えは輸入禁止(11/21)

奇力新が越に生産移管、20年上期に完了(11/21)

FLCホームズ、1株1.5ドルで12月上場へ(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

SCIC、シエンコ5の株40%を売却へ(11/21)

東南ア訪日者24%増、全ての国で2桁成長(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン