• 印刷する

ロシア、原子力分野で越への協力推進

ベトナムとロシアは軍事技術や原子力分野で連携を拡大する方針だ。ロシアを訪れたファム・ビン・ミン外相は3日、モスクワでロシアのドミトリー・ロゴジン副首相と会談。ロシア側からこれら分野において、ベトナムとの協力を進めることが示された。

ロゴジン副首相は、「ベトナム中南部ニントゥアン省で計画される第1原子力発電所を予定通り建設するとともに、安全性の確保を後押ししていく」と強調した。

両者はさらに、宇宙の平和利用について協力することで合意した。

ミン外相はまた、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と会談し、地域・国際的課題における戦略的な連携関係の強化について協議。エネルギー分野での連携の重要性を確認するとともに、両国の石油関連会社の関係強化で合意した。

さらに東南アジアの状況や南シナ海の開発について話し合い、南シナ海問題を国連海洋法条約(UNCLOS)と、2002年に東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国が署名した南シナ海行動宣言(DOC)に基づき解決する必要があるとした。さらに南シナ海の平和と安定のため、法的拘束力のある「行動規範」の策定を後押しするとしている。


関連国・地域: ベトナムロシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道政治

その他記事

すべての文頭を開く

建設費高騰巡り7年係争続く 北中部の発電所、相次ぎ障害(08/09)

ペレンコ出資の南部鉱区、4億バレル産出へ(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

鉄鋼ホアセン、株式配当で9970万株を発行(08/09)

ビンファスト、北部工場で8千人追加雇用へ(08/09)

縫製・電子企業、受注減少も雇用維持に苦慮(08/09)

ハノイ3号線高架部分の年内完成指示、首相(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン