• 印刷する

世銀、地場私学の海外事業拡大に初融資

地場教育機関グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール(GIIS)は9日、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)と2,500万Sドル(約15億6,500万円)の長期融資契約に調印した。IFCがシンガポールの教育機関に融資を行うのは初めて。

IFCは、GIISがアジアで高水準の教育を提供できると評価している。GIISは教育財団グローバル・スクールズ・ファウンデーション(GSF)が運営し、アジア地域を中心にマレーシア、日本など7カ国20カ所で幼稚園から高校までを運営する。シンガポールでは3カ所のキャンパスを持ち、生徒数は約4,000人。インド系を中心に、生徒の国籍は52種に及ぶという。

GSFの共同創始者のアトゥル・テムニカ理事長は「アジア地域に拠点を拡大し、各国の文化や風習に合わせた高水準の教育を提供していきたい」との意向を示した。GSFは今後、インドやインドネシア、ベトナム、中東地域などに25校の設立を見込んでおり、うち10校にIFCの融資を利用する。


関連国・地域: ベトナムマレーシアシンガポールインドネシアインド日本中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染3541人、7週間ぶり低水準(8日)(12:08)

新規感染4798人、5日連続減少(7日)(11:32)

フィンテックフェス、11月に実会場で本格開催(08/08)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/08)

三菱重工、廃棄物焼却発電事業を完全子会社化(08/08)

仮想通貨ホドルノート、主要業務停止(16:08)

国立大、都市型農業研究センターを開設(12:52)

航空関連業界、上期に4千人を新規雇用(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン