石化インドラマ工場で化学品流出、影響軽微

タイの石油化学大手インドラマ・ベンチャーズの首都バンコク西郊ナコンパトム県の工場で22日午前5時45分に化学品が流出し、同県の工場周辺3郡と北郊ノンタブリ県の一部住民が悪臭や鼻の痛みなどを訴えた。流出は10分程度で抑え込み、タイ政府は有毒性は低いと呼びかけている。 …

関連国・地域: タイ
関連業種: 化学社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:SNSで自分の好みを発…(09/27)

日立、顧客の経営課題を解決 Lumadaセンターで「協創」(09/27)

8月の新車販売、62%増の6.8万台(09/27)

2022年8月のタイの新車販売台数(表)(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

デンソーがタイ進出50年、炭素中立など強化(09/27)

合衆汽車、EV購入支援策前提で納車へ(09/27)

首都近郊3空港の拡張を加速、旅客増に対応(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン