• 印刷する

山一電機、工場新設へ用地取得

半導体検査用ICソケットなどの製造を手がける山一電機(東京都大田区)は22日、フィリピンのマニラ首都圏南方バタンガス州で土地を取得すると発表した。取得額は3億5,000万ペソ(約8億7,200万円)。新工場の敷地として活用する。

連結子会社PMIホールディングスが、バタンガス州の工業団地「ライト・インダストリー&サイエンス・パーク4」内に、3万3,696平方メートルの土地を購入する。購入した用地では、半導体検査用ソケットやコネクターなどを生産するグループ子会社のプリコン・マイクロエレクトロニクスが第3工場を建設する。着工時期など詳細は現時点で未定。

山一電機は、世界的な半導体需要の拡大に対応した半導体検査用ソケットの安定した供給体制構築などを、新工場建設の理由に挙げた。プリコンの第1、第2工場を合わせた敷地面積は計1万8,595平方メートルに上る。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

証取、台風通過で取引停止(19:54)

新型コロナ、19~25日は新たに1万7891人感染(19:53)

ガソリン1.65ペソ値下げ、2週間ぶり(15:07)

テイクオフ:通勤ルートの地下横断歩…(09/26)

〔アジア人事〕ユニ・チャームなど(09/26)

大統領、投資誘致に「成功」 米から帰国、日米首脳とも初会談(09/26)

比米首脳、対面初会談で関係改善を確認(09/26)

台風16号、首都圏付近を通過(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン