• 印刷する

鹿児島県、ポップアップストアで観光誘致

鹿児島県は21日、香港にポップアップストアを開設した。県内の観光名所を再現するとともに、県の特産品を販売する。香港から日本への旅行が本格的に再開される時に備え、鹿児島の魅力を香港市民にアピールする。

店内には「幸せを届ける黄色いポスト」が設置され、絵はがきを投函して鹿児島旅行を疑似体験できる=21日、深水ホ(NNA撮影)

店内には「幸せを届ける黄色いポスト」が設置され、絵はがきを投函して鹿児島旅行を疑似体験できる=21日、深水ホ(NNA撮影)

九龍地区・深水ホ(ホ=つちへんに歩)の文化発信スペース「合舎 Form Society」で10月3日まで展開する。

店内には観光名所の写真や物産を展示し、JR日本最南端の駅として知られる西大山駅にある「幸せを届ける黄色いポスト」の模型も設置した。鹿児島の景色を映した絵はがきを買って投函(とうかん)すると、実際にそのはがきを日本から香港へ郵送するサービスを提供。来場者に鹿児島観光を疑似体験してもらおうという趣向だ。

このほか、枕崎のかつお節を使っただしや、美容に効果が高いとされる桜島火山灰配合のせっけん、熟成黒酢「桷志田(かくいだ)」、霧島茶、知覧茶などの特産品も販売している。

鹿児島県香港事務所の奥雄一所長によると、同県が香港でポップアップストアを展開するのは初めて。「鹿児島の魅力を売り込みたい」と力を込めた。

新型コロナウイルスの流行前、鹿児島を訪れる外国人観光客の中で香港人の割合は最も多かった。日本と香港の双方で水際対策の緩和が始まり、香港からの旅行需要の再開に期待がかかっている。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港政府が入境時隔離の…(09/26)

入境時の強制隔離を廃止 26日から、3日間は行動制限(09/26)

金融センターランク、アジア首位に浮上(09/26)

本土との水際対策も変更、隔離は全面廃止(09/26)

毎日の感染報告会見を取りやめ、状況安定で(09/26)

キャセイ、10月から日本便を増便・再開へ(09/26)

続落、ハンセン指数は1.2%安=香港株式(09/26)

ビザ免除・個人旅行解禁へ、来月11日から(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン