• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアでは、新…

オーストラリアでは、新型コロナウイルス流行中にペットを飼う家庭が増えた。わが家も猫を飼い始めて3年目。

愛猫は病気ではないものの、3カ月に1度獣医師からメールが来て動物病院に連れて行く。無料の健康診断が目的だが、ある時はわずかな体重増加でも「太りすぎが心配」と言われ、ダイエット用の高価なエサを買う羽目に。また「害虫予防にお薦め」と買わされた薬も、屋内で暮らす猫に必要かよく考えると疑わしい。獣医師の思惑にはまった自覚はあるが、わが猫かわいさで良しとしてきた。

だが愛猫は、コストと愛情を注いでいるにもかかわらず、買い主に一向になつかない。抱き上げると暴れ、爪も切らせてもらえない。獣医師の爪切りサービスも利用するが、この代金も倍に値上げするという。そろそろどれだけ癒やされるか、投資対効果を重視する時か。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪の自治体別人口増加数、1位はブリスベン(17:37)

NZ消費者信頼指数、やや回復も依然低水準(17:37)

テイクオフ:我が家で先日開いたパー…(09/26)

豪の次期原潜、初期は米艦か 技術移転懸念で現実対応(09/26)

〔政治スポットライト〕豪中外相会談、関係改善に向けた協力で一致(09/26)

豪8月の小売売上高増加、来年からは軟化か(09/26)

〔オセアニアン事件簿〕NSW州で洪水被害、自動車浸水で死者1人(09/26)

豪人クルーズ予約客、米国人に次いで多数(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン