• 印刷する

テイクオフ:日本滞在中に、なじみの…

日本滞在中に、なじみの飲食店を数軒訪ねた。久々に味わう料理に舌鼓を打ちつつ、友人シェフらとの会話を楽しんだ。その中で必ず出てきたのが、日本の政治経済に対する不安の声だ。

インフレの進行は飲食店経営者には悩ましい問題だ。食料品価格や光熱費の上昇は、経営を圧迫する。新型コロナウイルスが再流行する可能性もある。政治不信もあり、日本は今の難局を乗り切れるのかと不安になるのも無理はない。シンガポールでもさまざまな問題はある。ただ日本に比べると、政府や国民は危機感を抱きながら迅速に対応しているように映る。国土や資源は乏しいが世界的な経済発展を遂げたこの都市国家は、生き延びるためのすべを常に考え、時に大胆な手を打ってきた。

一方、わが祖国はどうだろう。成長への気概を取り戻すことができるだろうか。当地に学ぶことは、多々あるように思える。(柳)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアのテック業界、人員削減相次ぐ(19:18)

低中所得世帯に7400万ドル拠出、コロナ対策(19:48)

ウェブ3.0事業の投資ファンド、現地社が設立(19:19)

グラブとセムコープ、病院に太陽光パネル(19:19)

新規感染1797人、前日比23%減(25日)(19:19)

テイクオフ:過去数カ月で対面取材が…(09/26)

8月のコアインフレ率5.1% 食品高騰、金融引き締めの見方も(09/26)

金融センターランク、アジア首位に浮上(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン