• 印刷する

セムコープ、中国風力発電所の権益を取得

政府系コングロマリット(複合企業)のセムコープ・インダストリーズは7日、米エネルギー企業AESコーポレーションから風力発電所を含む中国の発電所5カ所の一部権益を8,550万米ドル(約68億2,500万円)で取得することで合意したと発表した。同社が風力発電所の権益を取得するのは初めて。

取得するのは、▽河北省の風力発電所(発電能力99メガワット=MW)▽内モンゴル自治区の風力発電所3カ所(発電能力各49.5MW)▽山西省の石炭火力発電所(発電能力2,100MW)――の計5カ所。子会社で発電、ガス、公益事業を行うセムコープ・ユーティリティーズを通じて、AESの中国子会社から風力発電所4ヵ所の権益それぞれ49%と火力発電所1カ所の権益25%を取得する。

セムコープのタン・キンフェイ社長兼最高経営責任者(CEO)は「風力発電所の資産を所有するのは初めてだが、発電市場が急速に拡大する中国で再生エネルギー事業を加速させるための重要な基盤になるとともに、セムコープの存在感の強化にもつながると期待する」と述べた。

権益の譲渡手続きは今年下半期に完了する見込み。今回の取得でセムコープは中国の11省で公益事業を手掛けることになる。


関連国・地域: 中国シンガポール米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

持続可能な製造の人材育成、HPなどが開始(08/19)

新規感染3553人、2日連続で減少(18日)(08/19)

証券取引所、22年6月期は売上高が過去最高(08/19)

水道庁、初のグリーンボンド発行へ(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

柔軟な勤務形態への要求強く フルタイム出社で転職「6割」(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

南洋大、ブロックチェーン研究所を開設(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン