• 印刷する

4月の卸売物価上昇率、7%台まで加速

商工省が15日発表した4月の卸売物価指数(WPI、速報値)上昇率は前年同月比で7.23%となり、2カ月ぶりに7%を上回った。前月の6.89%から加速した。食品が10%を上回ったことが主因。

ロイター通信による事前調査では、市場は6.7%上昇を予想していた。

食品を含む1次産品全体(比重20.12%)の上昇率は9.71%で、前月の9.62%から9%台を維持した。指数の比重で14.34%に当たる食品は前年同月比10.49%上昇に達した。前月は9.94%だった。

品目別の上昇率では、比重の大きい穀物が4.41%から5.80%に加速、野菜が30.57%から60.97%へと急加速している。穀物に次ぐ比重の牛乳も15.29%から15.51%に加速した。

非食品は1.20%低下から1.61%上昇へと転換。菜種油が12.78%から16.66%へと伸びている。

燃料・電力(比重14.91%)の上昇率は10.41%から11.03%に加速。ガソリン、軽油は横ばいで、液化石油ガス(LPG)が14.27%から15.52%に加速している。

比重が64.97%に達する工業品の上昇率は4.87%から5.12%へと2カ月ぶりに5%台に加速した。

比重が10%以上の化学品が7.42%から6.56%へと減速したものの、卑金属・金属製品が9.51%から10.72%へと2桁に達した。比重9.97%の加工食品は5.93%から6.50%に加速している。

同時に発表された2月の全体の確報値は7.36%で速報値の6.95%から上方修正されている。


関連国・地域: インド
関連業種: 食品・飲料化学鉄鋼・金属農林・水産天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:7月下旬、発熱があり、…(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

ホンダ二輪、「中型」強化へ スクーター専用工場の新建屋活用(08/10)

ホンダ電池シェア会社、南部でサービス開始(08/10)

タタ自、フォードのサナンド工場を取得(08/10)

米電動商用車メーカー、インド市場に参入(08/10)

外国人技能実習制度、相次ぐ人権侵害「構造的」(08/10)

AP州、EV分野に40億ドルの投資誘致目標(08/10)

新興LCCアカサ航空、運航を開始(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン