パーム油などの価格操作へ措置表明、国軍

ミャンマー国軍の最高意思決定機関「国家統治評議会(SAC)」のゾーミントゥン報道官はこのほど、パーム油や燃油などの市場価格を操作する業者などに対し、何らかの措置を講じる方針を明らかにした。同国では食品などの物価上昇が著しく、国民の生活を圧迫している。18日付国営…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政変後の避難民100万人超 紛争で苦しむ国民、支援は資金難(10/06)

タイへのビザなし渡航、滞在期間45日に延長(10/06)

【シリーズ小国経済】不況のラオスを行く 新鉄道と中国マネー(10/06)

中銀の金融政策委、利上げ見送りを決定(10/06)

ガソリン価格3日続落、軽油は上昇=5日(10/06)

肥料の海上輸入量、9月中旬は1万トン超(10/06)

国家の安定には経済回復が不可欠=総司令官(10/06)

ASEAN、首脳会議から総司令官を除外(10/06)

国内総人口は5580万人=入国管理・人口省(10/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン