再生可能エネルギー発電を増強へ、政府方針

ラオス政府は、再生可能エネルギーによる発電比率を拡大する計画を示している。太陽光、風力、バイオマスを活用した発電能力を増強し、乾期の電力不足の緩和と電力輸入の縮小を目指すというものだ。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が17日伝えた。 エネルギー鉱業省によると、ラ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

22年成長率予測、世銀が2.5%に下方修正(09/29)

9月閣議、通貨の安定化など協議(09/28)

デング熱の感染者数、2万5000人を突破(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

東南ア低所得国に物価高の波 2カ国、スリランカに次ぐ水準(09/26)

経済成長見通し、2.5%に下方修正=ア開銀(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン