エアアジア、ペナンのハブ再構築を検討

マレーシアの格安航空会社(LCC)大手キャピタルA(旧エアアジア・グループ)傘下のエアアジア・マレーシアは、ペナン州を再びハブにすることを検討している。新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中、ペナン発着便の需要が拡大しているという。国営ベルナマ通信が16日伝…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアでは今月6日…(09/27)

プロドゥア、個人サブスク開始 SUV「アティバ」ハイブリッドで(09/27)

新規感染1608人、2日連続で2千人未満(09/27)

安倍氏国葬、アズミン貿易産業相が参列(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

RM1=31.3円、$1=RM4.60(26日)(09/27)

脱炭素化を金融で支援、水素普及も=国際会議(09/27)

国際宅配DHL、来年は平均7.9%値上げ(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン