• 印刷する

テイクオフ:インドの人たちと世間話…

インドの人たちと世間話をするとき、話題のチョイスに悩むことがある。映画やクリケットは国民的娯楽だが、情報量が多く奥行きも深い。半端な知識で臨むと恥ずかしい思いをする。

手っ取り早く沈黙を埋めたいなら、銀行の話題が便利かもしれない。オフィスワーカーであれば誰でも口座の一つや二つは持っていて、互いに実体験に基づく話になるから会話が弾む。「うちのA銀行はサービスがイマイチ」。愚痴をこぼそうものなら、「B銀行は審査が緩い」、「外資のC銀行は支店が少なすぎ」などとおしゃべりに花が咲く。

インドでは公営や外資、地銀を含め100行以上が営業している。ここ数年は公営銀を中心に再編や統合が進んだ。今後、合併によって支店数が大幅に増えたり、サービスが向上したりする可能性がある。前身の銀行を利用していた者同士の会話ともなれば、ますます熱がこもることだろう。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

9月の二輪車販売、主要5社全て増加(16:04)

テイクオフ:「からい」。デリーのハ…(10/04)

5G始動、24年に全国展開 通信技術の消費者から開発者へ(10/04)

9月の乗用車販売、主要全7社が2桁以上増(10/04)

9月の商用車販売、主要5社がプラス成長(10/04)

車部品マレリ、ベンガルールに研究開発拠点(10/04)

車シートのタチエス、合弁設立(10/04)

米フォード、南部工場の退職金交渉が終了(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン