• 印刷する

テイクオフ:ここ数年、夏に恒例とし…

ここ数年、夏に恒例としていることがある。コンビニに入った時、飲料水の棚に目を向けるのだ。夏は飲料メーカーにとって書き入れ時。どこのメーカーの商品が勢いを伸ばしているかに注目をしている。

きっかけは数年前、北京の新興飲料メーカーが「糖分ゼロ」「脂肪ゼロ」「カロリーゼロ」の炭酸飲料水を投入したことだ。中国ではそれまでになかった商品で、売れに売れた。その商品の棚が空っぽになる日があったほどだ。

このメーカーが今、新製品を開発しているという。防腐剤を使わないコーラ風味の飲料を開発中とのこと。添加物もできるだけ天然由来のものを使用するという。健康に良い食品がマイブームなので、これは期待大だ。お目見えはまだ先かもしれないが、早く登場してほしい。そうすればコンビニの棚を眺める楽しみがまた一つ増える。(川)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国、ラオスでの人民元決済銀行を指定(10/05)

〔アジア人事〕日産自動車など(10/05)

バーツ安に経済界の懸念募る 年初比で15%下落、続く弱含み(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

【月次リポート】自動車ニュース(22年9月) 中国BYDが700億円投資、タイでEV生産へ(10/05)

公務員に首都待機令、党大会前に「密室」化(10/05)

自動車部品EP、電動バイク生産免許取得(10/05)

中国製テーブルなどに不当廉売税、政府(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン