• 印刷する

テイクオフ:台湾と沖縄は地理的に近…

台湾と沖縄は地理的に近く、文化的な共通点がいくつかある。例えば台湾で宗教行事の際に準備される紙銭(死者のために焚く紙の銭)。沖縄には同様の紙銭「うちかび」があり、色も同じ黄色だ。離島の金門島では、沖縄のシーサーに似た守り神「風獅爺」をあちこちで見かけた。

台北から那覇までは飛行機でわずか1時間半。台湾人の知人は「台湾の離島はほとんど行ったことがないが、沖縄には1年に何度も行っていた」と振り返る。自身もコロナ前に週末で訪れたことがあるが、帰国と旅行の間のような気分で楽しめたのを覚えている。

台湾入境時の隔離措置が9月以降も維持されることが発表され、気軽な往来再開はまた遠くなった。せめて台湾―沖縄間だけでも例外が認められれば良いのに。沖縄好きな台湾人と台湾在住日本人のそんな都合の良い願いも、なかなかかないそうにない。(妹)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、30日は4万3280人(09/30)

10月13日から入境検疫免除 入境上限15万人、団体旅行も解禁(09/30)

新型コロナの域内感染者、29日は4万4665人(09/30)

モデルナ2価ワクチン、60.5万回分が到着(09/30)

22年の半導体ファブ装置投資、台湾が首位か(09/30)

鴻海、メキシコ工場に3.6億米ドル間接投資(09/30)

車載用IC、26年に全体の9.9%に(09/30)

経済部、地熱資源のプラットフォーム設置へ(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン