サムスントップが赦免、経営主導体制に

韓国政府が15日、サムスングループの経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長を特別赦免した。サムスンの経営主導体制が整うことで、合併・買収(M&A)や設備投資が加速する可能性がある。李氏の会長職への昇格準備が前進するとの見方も広がる。 李氏は2017年に朴…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者3.5万人、死者16人増(11:07)

テイクオフ:「スポーツの秋」という…(10/05)

富士フイルムが培地販売法人 直販体制で、バイオ市場開拓(10/05)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第14回) 少子化に負けるな日中韓!!(10/05)

新規感染者1.6万人、死者19人増(10/05)

サムスン、27年にも1.4ナノ量産開始へ(10/05)

【月次リポート】自動車ニュース(22年9月) 中国BYDが700億円投資、タイでEV生産へ(10/05)

韓国のCPTPP加盟、GDP0.35%増も(10/05)

自営業など6万人廃業危機、0.5%利上げで(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン