• 印刷する

テイクオフ:苦節1年、前赴任地のイ…

苦節1年、前赴任地のインドの銀行口座にあったお金が手元に戻ってきた。

コロナで退避帰国中にインドの外国人登録の期限が切れ、口座が凍結。そのまま異動になり、まず遠隔で口座名義を海外在住者に変更。その後、海外送金のための書類を出すも、銀行は1カ月以上、動かなかった。理由は不明。「対応してくれなければ通報します」と私がメールした後、インド人の同僚が「銀行の担当者の名前を明記して日本大使館とインドの中央銀行、大手英字紙に通報します」とかぶせると、翌日送金が行われた。

北京で昔、ビザトラブルで罰金を科されそうになったのを思い出した。その時は中国人に「係員を泣き落とせ」と言われ、面前でふんばって泣こうとしたのだが涙が出ず、しかし後に、誤解と判明し罰金を免れた。今回は1年もやきもきさせられたけれど、すぐ笑い話になるだろう。あぁ、よかった。(粥)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本食の「次世代」育てる 食品輸出、地場巻き込む新枠組み(09/30)

日本産の卵、茶餐庁メニューで味わって(09/30)

新たに4269人感染、前日から358人増(09/30)

ワクチンパス、制限受ける子は少数=政府(09/30)

国際金融サミット、世界大手100社以上が参加(09/30)

金利を2年間固定、HSBC住宅ローン(09/30)

続落、ハンセン指数は0.5%安=香港株式(09/30)

66歳で退職、蓄えは330万ドルが目標(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン